2010年03月09日

大阪・平松市長、外国人参政権に慎重姿勢「国に議論尽くすよう要求」(産経新聞)

 大阪市の平松邦夫市長は3日、政府・与党が検討中の永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について、「日本の社会のあり方に大きな影響を及ぼす可能性がある」として、国に対し十分議論を尽くすよう求める考えを示した。

 定例市議会の代表質問で答弁した。平松市長は1月15日の定例会見で、外国人参政権について「前向きに考えることはできないだろうか」と肯定的な考えを示していた。

 平松市長は代表質問で発言の真意を問われ、「地域に根ざした外国籍の方々に対し、行政への意見を反映させる何らかのシステムはできないかという私個人の率直な思いを申し上げた。市長としての発言ではない」と説明。「日本の教育や領土問題への影響などさまざまな意見や課題がある」と述べ、慎重な姿勢に軌道修正した。

 一方、生活保護の受給者が住宅扶助を遊興費などに流用し家賃を滞納しているケースへの対応策として、市が家賃分を天引きして家主らに直接支払う「代理納付」を新年度の早い時期から導入する考えを示した。市は平成18年度から、市営・府営住宅の家賃の代理納付を実施。民間への代理納付は11政令市と東京都が導入しているという。

【関連記事】
外国人参政権、海外の実態は? 単純比較は不可能…日本固有の事情で議論を
外国人参政権法案の政府提出は困難 原口総務相ら
民主・川上氏、外国人参政権「ガンガン議論」
外国人参政権 政府・与党反対派の「声なき声」
外国人参政権「民族感情刺激される」 亀井氏、重ねて反対を表明
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

遅刻の弁解「みっともない」=首相らに苦言−江田議長(時事通信)
医療チーム派遣を延期=チリの受け入れ整わず(時事通信)
<鳩山首相>「いのち」確認の一日?お宮参り後、墓前で合掌(毎日新聞)
<訃報>高橋進さん61歳=東京大教授、国際政治史(毎日新聞)
食事与えず5歳児死なす=容疑で両親逮捕−奈良県警(時事通信)
posted by ワタベ タクヤ at 13:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

鳥取連続不審死 2人目強殺容疑、午後に再逮捕(産経新聞)

 鳥取県の連続不審死で、鳥取署捜査本部は3日午後にも、日本海で水死した同県若桜町のトラック運転手、矢部和実さん=当時(47)=を殺害したとして、鳥取市の元スナック従業員、上田美由紀容疑者(36)=別の強盗殺人罪で起訴=を強盗殺人容疑で再逮捕する方針を固めた。

 捜査本部によると、矢部さんは昨年4月4日に行方不明となり、1週間後に同県北栄町沖の日本海で遺体で発見された。死因は窒息死で外傷はなかったが、体内から睡眠導入剤の成分が検出された。捜査本部は、上田容疑者が矢部さんに100万円以上の借金があることから、返済を免れるために殺害したとみているが、上田容疑者は殺害を否定しているという。

 一方、上田容疑者と同居していた男(46)=窃盗罪などで起訴=の供述によると、上田容疑者は矢部さんが行方不明になった当日、2人で矢部さんの軽トラックで外出。男はその後、上田容疑者から遺体発見現場近くの海岸に呼び出されたが、矢部さんの姿はなかった。服がぬれていた上田容疑者から「矢部さんともみ合いになり、その後いなくなった」と説明されたという。

 上田容疑者は、同市の電器店経営、円山秀樹さん=当時(57)=を昨年10月に殺害、商品の代金支払いを免れたとして2月18日に強盗殺人罪で起訴されている。

【関連記事】
鳥取連続不審死 強盗殺人罪で上田容疑者を起訴 鳥取地検
運転手宅で不明前に火災 上田容疑者と飲酒、殺害計画か
鳥取連続不審死、同居男を犯人隠避容疑での立件も視野「おかしいと感じた」
犯行防げず…県警の捜査は適切だったのか 鳥取連続不審死
鳥取連続不審死 上田容疑者の腕に争った傷跡 同居男が証言

「東国原知事、カタカナ語控えて」県議が迫る(読売新聞)
交番トイレでライター、メタンガス引火?で爆発(読売新聞)
鳩山首相、輿石氏との会談「予算案、頑張ろうと…」(産経新聞)
有機物で新たな超伝導体=最高温度で電気抵抗ゼロ発現−岡山大(時事通信)
チリ地震、邦人32人の無事確認=岡田外相(時事通信)
posted by ワタベ タクヤ at 06:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

司馬遼太郎の絵心満載、取材ノート 記念館きょうから公開(産経新聞)

 司馬遼太郎記念館(大阪府東大阪市)は司馬さんが「アメリカ素描」と「街道をゆく ニューヨーク散歩」の執筆のため、アメリカを訪れた際の取材ノートを公開した。スケッチや地図を多用し、絵心がうかがい知れる内容で、企画展は2日から始まった。

  [フォト]企画展「司馬遼太郎のメモで見る『アメリカ素描』『ニューヨーク散歩』」

 公開したのは昭和59年、60年、平成4年に渡米した際の取材ノート計11冊のうち、21ページ分。万年筆や色鉛筆を駆使し、赤や青、黄色などカラフルな色使いで事細かに記している。

 セントラルパークのメモには、自筆地図に「ハーレムに接しているため、夕方から夜はさけるべし」と注意事項を記録。街並みや船のスケッチのほか、眼鏡と口ひげが印象的な「感じのいいバーテン」など出会った人々の似顔絵もあった。

 上村洋行館長は「写真で撮るより、絵で描いた方が印象として残しやすかったのだろう」と話している。

【関連記事】
司馬さんの絵心 色鮮やかノート 大阪の記念館で一般公開
NHK「坂の上の雲」早くもDVD化
菜の花忌シンポ 「『坂の上の雲』と日露戦争」を語る
「建国」の名曲で国民意識を回復
文字に込めた龍馬の「志」 大河の題字手がけた書家・紫舟さん
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

<中3転落重傷>同級生を逮捕 強要容疑で 埼玉・春日部(毎日新聞)
チリ地震 日本人1200人が在住(毎日新聞)
阿久根市長「政治の体なさず」総務相が苦言(読売新聞)
出産費用の公的保険直接支払い、完全実施見送り(読売新聞)
津波 青森などの「大津波警報」を津波警報に切り替え(毎日新聞)
posted by ワタベ タクヤ at 19:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。